アルミ加工の流れ

昭洋精機にお問い合わせいただいてからの流れをご案内します。当社ではお客様から送られたCADデータを直接利用しますので、正確かつ図面(設計)変更の対応もスピーディーに行えます。

お問い合わせ

ご相談のみのご連絡も承っています。お電話、FAX、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

tel: 0428-31-9861

fax: 0428-30-0582

お問い合わせフォーム

お打ち合わせ

メールやお電話にてご依頼の詳細を確認します。場合によってはお客様のもとへ直接おうかがいして、対面でのお打ち合わせを行います。

CADデータ受け取り

インターネットを介して、お客様からCADデータを受け取ります。CADデータのファイル形式は、dxf(2次元)igs/x_t/SLDPRT(3次元)などに対応しています。

CAD・CAM作業

お客様からいただいたCADデータを当社のCAD・CAMにて直接利用します。具体的にはマシニングセンタなどの工作機械に使うNCデータを、お客様からいただいた2D/3Dデータをもとに作成し、3次元測定システムへのデータコンバートも行います。

お見積もり・ご契約

お客様のご依頼の内容やCADデータをもとにお見積もりを作成し、内容をくわしくご説明します。お見積もり内容にご納得いただけましたらご契約となります。

マシニング加工

NCデータはDNCシステム管理のもと光ケーブルによって直接マシニングセンタに送られ、加工が行われます。

工程内測定

初品は必ず3次元測定システムを用いて、加工品の寸法の測定を全ヶ所行います。

表面処理(外注)

表面処理は高い技術力を持つ大田区の業者と提携して行っています。

出荷測定

出荷前に再度、3次元測定機を用いて寸法測定を行います。合わせてキズ、打痕等の外観検査を全数行っております。

納品

加工品を納品します。加工品は輸送中にダンボール等の中で動くとキズ、打痕等が発生してしまうため、当社の梱包基準に照らして、梱包、出荷しています。