アルミ加工Q&A

昭洋精機では、東京の青梅市に工場を設けています。
マシニングセンタを12台配置し、24時間体制で高効率な稼動を行っています。

本社工場

所在地 〒198-0023
東京都青梅市今井3-5-23
TEL 0428-31-9861(代)
FAX 0428-30-0582
敷地 689平方メートル
床面積 997平方メートル

導入設備のご紹介

マシニングセンタについて

当社では横型・立型・5軸のマシニングセンタを導入し、加工内容に応じて使い分けています。あらゆる形状の加工をスムーズに行えますので、どのようなご要望でも遠慮なくお伝えください。

横型マシニングセンタ 主軸が水平になっているマシニングセンタです。2パレット以上のパレットチェンジャーが付属するため、加工中に機外でのワークの着脱ができます。また、2回のワーク着脱で6面加工ができ、小物部品であれば多数個加工が可能です。リピート加工ではもっとも生産性が高いマシニングセンタです。
立型マシニングセンタ 主軸が垂直になっているマシニングセンタです。加工プログラム・段取りが簡単で多種・単品・短納期に適しています。生産性は低めですが、小物部品であれば多数個加工が可能です。なお、当社では生産性を高めるため独自のパレットチェンジャーをつけているため、板物の表・裏の2面加工であれば高い生産性を発揮します。
5軸マシニングセンタ 直交するX軸、Y軸、Z軸とは別に、2軸の旋回軸を持つマシニングセンタです。横・立型マシニングセンタでは不可能な複雑加工が可能です。一定量以上は立型よりも生産性に優れますが、横型には劣ります。多数個加工はできません。

設備概要

横型マシニングセンタ

6台保有

  • 牧野フライス製 a51 400角 18000rpm 3台
  • 牧野フライス製 a61 500角 20000rpm 1台
  • 牧野フライス製 J3 FORMULA 400角 16000rpm 2台
立型マシニングセンタ

4台保有

  • 牧野フライス製 V33 600×400 高速仕様 30000rpm 1台
  • FANUC製 ロボドリルα-T21;E 24000rpm 2パレットタイプ(パレットサイズ:365×500) 3台
5軸マシニングセンタ

2台保有

  • 牧野フライス製 V55-5XA 14000rpm 1台
  • 牧野フライス製 a51-5XR 2パレット 400角 特別仕様高速機 30000rpm 1台
CAD/CAM
  • 松浦機械製 Virtual GIBBS(三次元CAM) 4台
  • データブリッジDNC運転装置8台同時接続運転 DNCスタンダード(サーバ) 2台
  • ソリッドワークス製 三次元CAD Solid Works(2008) 1台
測定機
  • ミツトヨ製 CNC三次元測定機 Crysta-ApexC7106 1台
  • ミツトヨ製 非接触3次元CNC画像測定機(QVAPEX404) 1台
  • 東京精密製 三次元測定機 (カプリン対応) 1台
  • ミツトヨ製 三次元測定機 3台
  • TESA製 ハイトゲージ ハイトマスタ600 2台
  • ミツトヨ製 画像測定顕微鏡 MF 1台
  • ミツトヨ製 測定顕微鏡 1台
  • ミツトヨ製 実体顕微鏡 2台
  • ミツトヨ製 表面粗さ計 2台
  • ビッカース(硬さ計) 1台
その他
  • ベクトル社製 シリアルNO.刻印機 1台
  • 浜井産業製 アルミ用ラップ盤 1台